上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.09.11 研究授業


サイエンスキャラバンの2nd tourを終え、翌日からは理数科分科会主催の研究授業が一週間ありました。

研究授業では理数科教師隊員が授業を見せ合います。

目的は隊員自身のスキルアップ。



一日目はそれぞれが作ってきた授業案を持ち寄りディスカッション。
各自の教える範囲の確認や生徒のレベルなどを考えての授業の進め方を話し合いました。

二日目は数学6コマ。
トピックは三角比(trigonometry)

三日目は生物6コマ。
トピックは生殖(reproduction)

四日目は物理化学5コマ&家庭科1コマ。
トピックは有機化学(organic chemistry)、でんぷん(starch)



僕は四日目の物理化学の3コマ目だけを担当。
有機化学は僕の一番好きな分野だったので気合いが入ってましたが、途中で焦って一方的にしゃべってしまう場面もありあまり納得のいく授業はできず…。
ただ、後輩隊員がストローから丸一晩かけて作り上げた分子モデルで素晴らしい授業を見せてくれたので有機化学のおもしろさはかなり伝わったんじゃないかと思います。


研究授業に関するレポートを提出したのでそれなりに書きたいことはたくさんあるのですが、如何せん最後の一週間っていうものはやることが多くほぼすべて割愛します。





授業っていうものはどこまで考えても改善するところが出てくる、そういう意味では本当に深い仕事なんだなぁと改めて思いました。

生徒が変わればベストがベストではなくなるし、地域が変わればベストがベストではなくなる。

日本では教師という職業について生徒のしつけにばかり話題がいきますが、それと同じくらい“授業”にもスポットがあたっても良いのではないかと思います。
少なくとも僕はですが、性格的に合わなかった先生でもためになる授業をしてくれた先生のことは今でも尊敬しています。


良い授業やってなんぼ。

良い授業といっても内容だけではなく、もちろん相手とのやりとりも大切。

いろんな要素が必要な「良い授業」


2年間のうちで良い授業ができたと思えたことはないですが、授業づくりに2年間向き合えたことは教師経験のなかった僕にとって非常に良い経験となりました。

人との関わり方、物事の伝え方、そして仕事に対する姿勢などなど。


2年間の経験は今後必ず活かせるはず。

楽しみです。


そしてやはり寂しいです。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bluebill.blog52.fc2.com/tb.php/270-38d40333
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。