上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.05.18 ラスト4カ月


“帰国時ハンドブック”なるものを受け取った。

日本に帰りたいって思ってた時もよくあったから、これを受け取る日を待ち望んでたはずなんだけど、いざ受け取ってみると、最後通告みたく思えてきた。




今までの僕の活動は地味だった。

理数科教師という職種を差し引いても、地味な部類だろう。

そして、残りの時間も派手に過ごそうとは思わない。

自己満足で終わったような活動もいくつかしてしまったと反省している。

特別なことは何もしていないし、目に見えるような結果も何も出ていない。

人にアピールできるポイントなんてない。

それでもいいんだろうか。


来月に僕の授業生活は終わりを告げる。

でも、そこから怒涛の日々が始まる。

地味でも良い。誠実に。真剣に。良いモノは確実に人の心に響くはず。






「心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。かんじんなことは目に見えないんだよ」

という、キツネの言うことを信じて頑張ろうと思う。




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bluebill.blog52.fc2.com/tb.php/250-2b43b5fe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。