FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



一月のまとめ。


コミュニケーションについていろいろと自分の姿勢を見直した一ヶ月。

まだまだ積極性が足りないけれど、
「自分の意思を無理に通さず、相手に譲ること」
が結果的に自分の意思を通す近道になることが多々あるなぁ、というのが実践を通じて感じたこと。


クリアできなかったノルマは二つ。
1)4冊本を読むこと
2)学校にある器具・薬品のリストアップ

1)については、あと一歩のところでタイムアップとなってしまった。
2)については、政府がシラバスで推奨する器具・薬品リストをもとに、うちの学校にそれがあるのか、ないのかという具合にチェックしている。まだ、物理化学に限っても半分も終えれていない。つくづく仕事遅し…。


2月の足を引っ張らないようにどちらも早めに片づけないと…。
2月はそれはそれで、激しい月なのであります。


今の活動目的の一つに設定しているのが、
「現地の先生達が実験器具・薬品を授業に使ってみようという意識を高めること」
というもの。

僕だけでは残り時間は少ないが、この土台を作れたらと思っている。
というのも、今のところ、後任が来る予定(後任がこれを引き継いでくれるかがわからない不安もあるけど…)。

この目的を達成するために、僕がしていることは主に二つ。

一つは僕自身が積極的に学校の器具・薬品を使うこと。直接他の先生に“器具を使ったほうが良い“などとアドバイスしないようにしている。上から目線で言うと、僕が帰ってから使わなくなることが目に見えている。

二つ目が、このリストの作成。これをもとにどうしても必要な器具・薬品の援助を申請しようと考えている。
例えば、溶媒を蒸留したいとする。ガラス器具は揃っているのに、バーナーもクランプも見当たらない。さらに恐ろしいことに、器具が見当たらないのか、存在しないのかさえわからない。こんな状況では実験器具を使う気すら起こらないのもとても理解できる。
だから、必要最低限の器具をまず揃えて、そこから使い方だったりを現地の先生自身が身につけていくという環境作りがまず必要だと感じている。


リストの作成後、申請という流れだが、現地支援経費の申請には任期から逆算した期限があるので、けっこう早く終わらせないと今までのものが水の泡になるかもなので、これはホントに焦らないとヤバい。


残り8カ月、楽しみたいとは思う。




・・・えっ、長友がインテル!!!???


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bluebill.blog52.fc2.com/tb.php/193-b0472ba7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。