上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今日から試しに一週間、生活習慣を表にまとめることにした。


いろんな無駄を発見するのが目的。


無駄な時間
無駄なお金
無駄な食事
無駄な労力




今日、同僚に見せてもらったナイジェリアのコメディは超おもしろかった。



さて、明日は2年生に滑車、1年生に正負の掛け算・割り算を教えます。



アジアカップ日本優勝で、とても元気をもらいました。
今週も頑張れそうだ。


スポンサーサイト
2011.01.30 JUDO


僕の先輩隊員に柔道を警察学校で教えている方がいます。

来月うちの学校に来てもらい、生徒たちに柔道を紹介してもらう事になりました。

そこで、柔道とは何ぞやを僕も知っておきたいと思い、体験学習として、休日練習に参加させてもらいました。






うー、、準備運動や受け身の練習など基礎の基礎から教わりましたが、これがけっこうキツイ。


やっぱり、スポーツは何年も何年もかけて、上達するものだと痛感。


いい運動にもなり、リフレッシュできました。



P1290675 - コピー




これは、最後に撮った記念写真。

一緒に写っているマラウイ人の方は、ムイザさんと言って、かなり強い人です。

強さは以下の通り。

極真空手:マラウイの大会で優勝
剣道:2段
柔道:勉強中ですが、マラウイアンでは一番らしい。




帰りにマーケットでスパイクをついに買っちゃいました。

5000クワチャ(約2500円)。

サッカーやりたくなってきたー。




クラスター内の学校2つを訪問。



マタンデ、カルンビ、チンクヮソ、バンダ、カデウェレ、リカニ、カムェンド、ディナ、マレンガ…。

名前を覚える、それは「あなたは僕にとって重要な人です」という意思表示。




隊員の生物の授業も少し見学させてもらった。
生徒がグループに分かれて調査結果を発表するというもの。
僕ももっと彼らが自主的に探求していく内容を取り入れるべきなのか…、と少し反省。


ついでに、アラクの実家を訪ねた。
帰り際にアラクの借家も訪ねた。

シマと豆を御馳走してもらい、さらに鶏一匹をもらった。



チキンパーティーでもすっか。


2011.01.28 少年Y



学費の一部を払えない少年Yが僕に雇用の創出という難しい宿題を与えた。



既に優秀な人材を抱えているだけに、それを引き受けた僕は経営者としては不合格だろう。



今日中に5合目まで登ろう。






大げさに謝罪し過ぎた、と少し反省さえしたけど、今日の彼は180度違って上機嫌だった。

パシった生徒にお釣りをあげるという離れ業まで披露してくれた。



ここまで教科書通りの結果だと逆に少し疑いたくなけど、なるほど人は感情の生き物のようだ。



そういう僕も人の事は言えないけれど。




さて、来月は待ちに待ったタイトル獲得のチャンスだ。






日韓戦は日本で観たかった。

さて、数時間のインターバルの後は、舞台はドーハからロンドンにうつる。




時間は意外になかったりする。



この学校に必要最低限の器具を供給するための準備。

キーマンとここで揉めたら一巻の終わり、自分のプライドなんか全くもって大事じゃない。




自分に非がなくても、自分に非があると自分が言わなければ、相手は自分の非のなさを認めてはくれない。


最後に得るものを考えれば、悲しいかな、そこに正しさを押し通すメリットは少ない。


ジレンマで、それでいて不本意だが、仕方がない。





今朝アナウンスがあり、僕も含めみんな教会に吸い込まれた。


そして、僕は2時間半、アーメンの顔をしているのだ。




未だに神を心から信じるという行為がわからないが、彼らを信じることはできる。





ティラノサウルスがウヨウヨいるようなジャングルで生き残るために、もっとダイエットしよう。


自分が食わなくとも、食われなければいいのだ。



今のままじゃ、名前も知らない恐竜のおやつになってしまう。


そんなのゴメンだ。


2011.01.23 補習 vol.4

ついに4回目を迎えた(といっても大した企画ではないけれど)補習。


8時スタートと言っていたが、またしても20分前に来る優秀な生徒が2人。
一学期、物理化学の期末テスト一位のドリーンと「今学期も補習をやってくれ」と言ってきたリチャードだ。
やる気のある生徒は基本的にこっちが言わなくても勝手に頑張る。

8時ちょうどに集まったのは5人。ちなみに学年は150人ほどいる。
ぞろぞろと遅れてくる生徒、ただ、来るだけでも僕はかなり評価している。
休みに関わらず学校に来るということ自体素晴らしいことだ。成績は関係ない。

ただ昨日、僕のコマを他の先生が使ってしまってB組に行けず、前日のアナウンスをできなかったことが災いし、結局今日来た35人ほどのうち約30人がA組だった。
彼らは思ったよりすぐに忘れてしまうようだ。
B組に無理やりにでも行ってアナウンスすれば、もっと多くの生徒に受けさせられたはずだ。
今度からはきちんと伝えねば。

時間制限はあまり意識させず、問題に慣れさせるのが目的。
試験へのアレルギーを少しずつ取り除いていく。
さらに正解であれば、ラッキー、それくらいのものだ。

今回のトピックは2つ。
「熱容量」と「熱の伝わり方」
問題は典型的なものが多く、日常生活と関連が深いものも多い。

思ったより出来が悪かったが、全く出来ていない生徒は非常に少なかった。
出来ない子をどう頑張らせるか、ここが難しい。
でも出来ない子がここに来ていることがとても嬉しい。
諦めているわけでもなく、興味を示しているのだ。
この気持ちを大切にしてあげねば。

時間が余った生徒は僕の解説が始まるのをボーッと待っているだけではない。
しきりに過去問を広げてみせ、分野問わず、質問してくる。
僕でも忘れているような細かいところを覚えている生徒がいると感動する。
僕は一教科だけど、彼らには他に何教科もある。

11時には全部が終了。





アシックスの白いスパイクが欲しいな。



2011.01.22 同僚巡り


マラウイでは、訪問されることがとても誇るべきことであり、ホストは精一杯もてなす。


僕は今まで自分の家を訪れてくれた人をそうやってもてなさなかった。


うちのリキがマラウイアンを嫌がるので、やはり家に迎え入れるのは難しいのだけれど…。


マラウイに来て1年4カ月。今、少しずつマラウイの文化を理解しようとしているところ。


その一歩として、まずはこちらから同僚の家を訪ねてコミュニケーションを増やしている。


来週は少し離れたところも攻めてみようか。




日本が勝つとやっぱり嬉しいもんだ。

同僚が電話で知らせたくれたのは、その3倍嬉しい。






進路ガイド作りに関しての調査で大学に行ったが、担当者がかなり親切だった。

次回のアポも取り付け成功。



昨日はカムエンドの家に呼ばれて現地食シマを堪能。

出されたものは全部食べなさい。

という小さい頃かけられたおそろしい呪文はまだかかったままだ。

マンゴー20個ゲット。そんなに食べられないけど。


明日はペポの家に行って、ちょいと大事な交渉へ。


あー、明日闘えば今週が終わる。


といっても明後日は補習…。



授業準備しないとー。



2011.01.18 Tasty Bites



僕が任地ゾンバ県に来て以来足繁く通うレストラン。


このオーナーは中東系の方なのだが、最高なのだ。

何が最高かって、笑顔が最高。


笑顔はコミュニケーションにとても重要なのだな、と彼を見ていて強く思う。


心から笑顔を見せてくれる相手を嫌いになることは決してないはず。


人に好きになってもらうには、まず人を好きにならねば。

何を損するでもない、単純なことだ。









今日は月曜日ですが、祝日のためお休みなわけで。


3連休ということで何かと早めに片づけておこうと意気込んではいましたが、人生そうはいかず。


家に引きこもらねば仕事ははかどらないわけで、家を出なきゃ終わらない仕事もあるわけで。


要するに、僕の要領やら燃費が悪いわけで。


仕事があるだけまだ幸せ、ということで今週も闘おうと思います。


僕の頭は今、散らかっているので、片づけてからきちんと書こうと思います。




2011.01.14 チェス



同僚ペポにチェスを教えてもらったが、将棋の方がやや複雑な気がする。
ただ、少しチェス独特の難しさもあるとは言える。
おおまかには、次のようなイメージ。

PAWN → 歩
CASTLE → 飛車
KNIGHT → 桂馬
BISHOP → 角
QUEEN → 飛車+角
KING → 王将

ただ、PAWNが攻撃するときは斜めに行けたり、KNIGHTが全方向に移動できたりと面白いルール。
夫より妻が強いのはさらに面白い。
昔からポテンシャルは女性の方が高かったのだろうか、と考えてみたり。

ペポいわく、チェスは実際の戦争と深く関係しているのだとか。
戦争にBISHOP(聖職者)を連れていたこと、CASTLE(城)はKING, QUEENの住居を表している等の背景。
こうやって背景まで一緒に教えてくれるとルールの飲みこみも早くなる気がする。
それに楽しさも増える。
白人が作った故に、白の駒から始めるというのも、悲しいかな、歴史の名残だろうか。
それを黒人から聞くと、さらに笑えない。




チェック。
チェック。
チェックメイト。
・・・。

師匠ペポは弟子のデビュー戦に対しても何の手加減もない。









授業ってのは相も変わらず難しい。

今まで教えてくれた先生もいろいろと悩んでたんだろうなぁ。


今、教えているトピックは「熱の伝わり方」。

うーむ、他の隊員と授業についてあーだこーだ言って一緒に作っていく時間がほしいなー。

他の人のアイディアに触れたい。


今週はまだ半ば。

闘わねば。

時がたつのは早いやら遅いやら。



「備えあれば憂いなし」

ちっちゃい頃に親にうるさく言われて、響きだけがずっと残ってたフレーズ。

年齢重ねてからわかってくること多し。

ということは、今わからないけど、将来役に立つことも多し。


いやはや、時間があるとはありがたいものです。





2011.01.09 カモネギー



先週から2学期が始まりました。





授業は可もなく不可もなくですが、トータルで今年はとても良いスタート。



友達、家族、先輩、先生、、その他大勢の人のおかげです。



2011.01.02



あまりに濃い12月に体が耐えられず、大晦日にザンビアで発熱し、ダウン。



朦朧としながら、マーシャルの同期の「39度以下なら闘う」という言葉を胸に、10時間のバス移動。



年は無事に明けたようで、めでたしめでたし。



何事にも謙虚であるべきだと痛感した年末でした。


人にも、自分にも、そして自分の能力にも。



今年も何卒、よろしくお願いいたします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。