上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のできごとをまとまりなくいくつか。


1.4年生の国家試験MSCEの期間中、横の小学校の教室を使って授業をすることになりました。

といっても昼からしか使えないので、僕に至っては7日間で3コマしかありません。
でも貴重な時間、ちゃんと授業しなければ。



2.近くの水くみポンプが盗難に遭いました。

僕の家のエリアに水道のシステムはなく、ポンプで水をくみ上げる(バケツを下すやつとは違います)のですが、その機械が何者かによって夜中にはずされました。しかもこの近辺で3か所。
ということで、僕のハウスキーパーは当分の間、前より少し遠くに汲みにいくことに…。
水を節約するために、今日は頭だけ洗うことにしました。水を自由に使えないことは何よりも大変です。



3.マラウイアンからお金が返ってきました。しかも20000クワチャ(約10000円)。

僕がこんな大金を貸したのにはこんな経緯が。

このマラウイアンは過去に僕が紹介したかつてのハウスキーパー。都市部での就職が決まり、僕のハウスキーパーではなくなりましたが、交流は続いていました。しかも子どもに名前だってつけたし(小春)。そいつが5月くらいに、「小さな商店(グローサリー)を開きたい」というので、それに投資したのです。ただ、僕はかつてマラウイアンにお金を貸して返ってこなかった経験があるので、しかも前より大金だし、校長先生に間に入ってもらい、期限を明記した誓約書を書かせた上で貸したのです。「これを破ったら警察呼ぶからね、ホントに。」くらいの感じで貸したのです。

そうは言ってもやはり、僕の心の中では返ってこないことも考えていました。でも彼の人柄を知っているつもりだったので、賭けてみたかったのです。

期限は8月19日。僕は15日からマラウイにいないので、それまでに返してくれると助かるとメールを先週送ったのですが、音沙汰なし…。あぁ、やっちゃったなと思っていましたが、今日いきなり家に来て返してくれました。期限はまだ一カ月も先なのに…。日本人より早い。

お金はともかく、きっちりこうして返してくれたことが、一番嬉しいです。日本人ならそりゃ返せるんだろうけど、マラウイアンにとって20000クワチャは大金。
いやぁ、人を信じられるのはとても嬉しいことです。



4.少しずつ暖かくなってきました。

マラウイの冬は6,7月です。日本で言うと秋~冬くらいの寒さになります。ですが、最近少しずつ日中の気温から上がってきて、暑い日はシャツ1枚でも大丈夫なくらいです。

でも日本は今猛暑らしいですね。多分ここより暑いので、体調崩してせっかくの日本滞在を台無しにしないように気をつけよう…。


スポンサーサイト
2010.07.18 料理


カレー、味噌汁

親子丼

三色丼、豚汁


料理は実験と似ている。

食べておいしいか、食べて死んじゃうかくらいの違いだ。

料理をしていると、どの作業を先にすれば効率がいいとか、おいしくなるとか、そもそも手際が良くないと失敗するあたりが、学部時代にいた研究室の合成実験の日々と重なってなんだか懐かしく思う。

あの頃は毎日が必死だった。そして僕は実験が大してうまくなかった。

まぁ、それはどうでもいい。


自分で料理をしてみて初めてわかったことは多い。

野菜の種類とか、みりんの正体とか、調理器具とかだ。

でも何より、「おいしくない」と言って、作ってくれた料理を食べなかった昔の自分がいかに最低だったかがわかった。

たいてい、本当の事がわかるのは少し時間が経ってからだ。


いつかカフェを開きたいなぁ。

そして、カフェを開く難しさに気づくのもまた、あとになってからだ。




昨日で2年生の国家試験の主要教科が終わり、うちの学校では今日から授業が再開、

のはずが、日本のようにばっちり全員が揃うことなんて有り得ないわけです。


予想通り、始業時間(7時半)に来ていたのは、

・校長
・僕
・新しく入った先生

の3人。

ちなみにうち学校の先生は新しい先生を含めると、18人おります。

来ている生徒も普段の20%くらい。

うん、割合から考えると、生徒の方が真面目だ。


「きちんと来い」と伝えない校長もどうかしてるし、今日から再開されるのが簡単に予想できるのに週末が近いからってなーなーで休んじゃう先生たちもどうかしてる。


僕は通常の時間割通り、来ている生徒を集めて授業。


次の国家試験は28日からだからもう実質来週しか残ってないのに、全然危機感がない。


お金が発生しない限りこの国の人たちはなかなか動かない。


僕が来てからこの学校で変わったことと言えば、先生の顔ぶれくらいだ。


そう考えると僕は意味ないんじゃないかと、とても寂しくなる。


気づけばもうこちらに来て9か月以上も経った。



2010.07.15 自炊2


まぁ男が

「得意料理は肉じゃがです♪」

といったところで何のポイントも上がらないんだろうが、男だって肉じゃがを作れるに越したことはないだろう。

ということで、作りました。

P7140271 - コピー


右端のやつ。

みりんも酒もないこの世界だけに、味付けは醤油と砂糖のみ。

しかし、もう死んでしまった僕の舌を満足させるには十分でした。

ちなみに中央は野菜炒めです。

2010.07.14 孤児院


先週、孤児院を訪ねました。

孤児の多くはエイズにより親を亡くした子供たちです。

年齢は様々ですが、一つのコミュニティの中で家族のように暮らしています。


マラウイのHIVエイズの感染率は約14%(だった気がする、間違ってたらごめんなさい)。
つまり、僕が教えている学校でも1クラスに10人弱の陽性者がいる計算になります。

それほど途上国ではエイズは身近な病気です。


とはいっても僕はエイズ対策隊員より状況を把握していないし、詳しい知識がないのでこれ以上書きませんが、とにかくエイズで親を亡くす孤児がとても多いということなのです。



さて、訪ねて何をしたのかというと、サッカー。

P7085019 - コピー

P7085024 - コピー


マラウイの主食「シマ」もごちそうになりました。

P7085005 - コピー


最後にみんなで。

P7085009 - コピー


僕が普段目にすることのないド田舎でのサッカーはとっても気持ちがよかったです。

2010.07.12 祭りのあと


ワールドカップの決勝戦は首都の飲み屋で観戦。


決勝戦にふさわしいしびれる試合でした。


点が入った時の盛り上がりはホントにすごかった…、僕も思わず立ち上がってしまいました。




サッカーやっててよかった。

サッカーが好きでよかった。



次のワールドカップはブラジルで開催されます。

僕は一体、どこでそれを観ているんだろう。


2010.07.11 背伸び


楽しくもないのに笑っていられるほど僕は器用じゃない。




そんな器用さを身につけたくはないし、身につける気もない。




2010.07.11 人ごみ


だいぶ前から苦手だ。


息が苦しくなる。


奈良がちょうどいい。


早いもんでワールドカップも今日で終わり。
2010.07.07 自炊

アフリカに来たらさすがに健康にも気を遣わなきゃいけない。
基本は自分ひとりで生活するんだから自炊のレベルも上達するはずだ。

そんな軽率な考え方だったからだろう。


僕が10ヶ月目にして身に付いた能力は野菜を切ることだけに等しい。



こんなことじゃいけない!


ということで、最近ありきたりなメニューから料理をかじり始めました。

ただ、そんなに長く続くとは自分でも思いません。

第一弾として作ったツナチャーハンは日本の魔法の調味料のおかげでかなりうまかったのですが、どうも写真ではうまさが伝わらないので、これは省略。食べたい人はうちの任地まで来てください。

そして、今日は第二弾。

P7060223 - コピー



そう、オムライス。

はじめてにしちゃすごくね!?

ただ、卵でくるむプロセスを見られたらそのグダグダがばれるので完成品だけですが、味もけっこうイケてました。

次は何を作ろう…。

2010.07.06 ホリデー

予想通り国家試験中、僕はホリデーを過ごすことになりました。

こんな堕落した生活を送ってふにゃふにゃになった僕を受け入れてくれる会社は日本中探しても見つからないんじゃないかと、新卒切りの記事を読んで震えが止まりませんが、そんなこと言っても仕方ないですね。

国家試験の解答を作るというマラウイ理数科隊員のミッションもあるのですが、もちろん国家試験が終わらないと始められるはずもなく、できることといえば授業準備くらい。

最近少しずつかじり始めた料理でもしようかな。

まぁ週末はどちらにしろ首都にあがる予定だったのでいいとします。

明後日は隊員何人かとビール工場見学、その翌日は隊員の配属先の孤児院を訪ねてサッカーをすることになりました。楽しみです。

2010.07.01 国家試験


マラウイの中高等学校(日本でいう中3~高3)は2年生と4年生に国家試験がありまして、その結果が人生に与える影響はけっこう大きいのです。

まぁそれはいいとして、その国家試験の会場はできるだけアクセスの良い場所で行われます。

うちの学校は主要幹線道路沿いなのでおそらく会場になります。


やっかいなのは来週から始まる2年生の国家試験(2週間)と中1週間で始まる4年生の国家試験中うちの学校の授業が完全にストップする可能性があるということ。

日本だと明らかに不公平だからこんなことは起こり得ないのですが、ここはマラウイ。
誰も意義を唱えません。

乾季だから横のグラウンドで青空教室もアリなんですが、さすがに人生のかかった国家試験の横で騒音にならない可能性はゼロに等しく、これも断念。

ということでおそろしいことにあと僕が今年度に教えるのは実質1週間くらいになりそうです。
本来なら1カ月くらいあるのに。

こんなペースじゃ来年はハードワーク間違いなしです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。