上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.01.31 成長の日


涙をためたまま踊る女性を呆然と眺めている

そんな悲しい夢を見た後の目覚めは、
全力疾走したみたいに汗びっしょりで、そして清々しかった。


長い間、自分を守ってきた強がりとプライドを捨て、

素直に自分の気持ちを表現した今日、

僕は今まで見たことがなかった自分を見ました。


気付かせてくれた人に感謝して、
また、歩き始めます。

スポンサーサイト


P1020250.jpg


来る前から是非手に入れたいと思っていた代物。

これは先輩のものですが、生で見ることができました。

はい、頑張って桁を数えましょう。

1
10
100
1000
10000
100000

100000000000000!?


これが伝説の100兆ジンバブエドル札です。

ハイパーインフレの末に起こった奇跡のお札。

紙幣の価値は1円以下、つまり紙幣代の方がかかっています。

ザンビアで簡単に手に入れることができるそう。

僕も任期中にザンビアには行く予定なので、欲しい方はご一報を。


2010.01.15 理想の先輩



先日、19-3の方々が日本に帰国されましたが、お一人だけ帰国直前にマラリアになり帰国が1週間程度遅れていました。

犬に噛まれた僕は不幸中の幸いでこの先輩の見送り(空港までは行けませんでしたが、)に立ち会う事ができました。

重なった任期はたった3ヶ月だし、話した回数もほんの数える程でしたが、いろいろなことを教えて頂きました。
ひょうひょうとした雰囲気なのに頼りがいがあってとても優しい先輩でした。


2年後、この先輩のようになれたらいいなと思います。


青年海外協力隊として派遣されることで、特別な能力がつくわけじゃありません。

でもこれほど自分と違う世代、違う分野の本当にいろんな人達と出逢える機会はほとんどないと思います。



人とのつながりでこの先の人生が広がってく感じ。

改めて、参加して良かった!


P1020564 - コピー



ちなみに、後列左から2番目がその先輩。その右が僕です。


2010.01.14 不注意


文字通り、飼い犬に手を咬まれました。

現在、狂犬病注射を打つために首都にあがってきています。

自分の横着でJICAスタッフ、学校のスタッフ、生徒などなどその他関係者にご迷惑をおかけしたことを心から反省し、今後二度と起こらないように注意したいと思います。

ちなみに、うちの犬は狂犬病の予防注射を接種済みで狂犬病の症状特有の変な様子もなく、僕自身も予防接種を何回も受けているので、体には何の心配もいらないです。


みなさん、飼い犬にも気をつけましょう。


2010.01.09 男の中の男


同期の一人が新しい世界に足を踏み入れました。

男でさえ躊躇するその領域にためらいなく挑戦した彼女の勇気に今日は感動しました。


僕も一身上の転機があれば、同じ事をしようと思います。


でも、まだやんないよ、毛先で遊びたい年頃だからね(笑)


2010.01.05 初めての授業


日本でさえ教師経験のない僕がマラウイでデビューを果たしました。


普通にしていてもしゃべれない英語が

緊張のあまり、さらにしゃべれず、

笑顔を作ろうとしても、

引きつった顔が戻るわけもなく、

あれ、僕はいったいここで何をしているんだろう?

と思いながらの苦すぎるデビューでした。


生徒の目にも内容より緊張がしっかりと伝わり、

「ん?この外国人は何をしているんだろう?」

と思ったに違いありません。


つまり、僕はスタートでコケたんだと思う。

でも焦らない。

僕はいつだってスタートでコケてきた。

「最初はしゃべりにくかったけど…」

と言われる度に自分の第一印象の悪さを再確認する人生だった。

授業だって同じさ。

時間は十分にある。

失う物は何もない!


とりあえず、第一歩を踏み出した自分に、

「お疲れ様、ドンマイ。」

を言ってあげようと思う。
隊員総会のために来週首都にあがる予定でしたが、19-3のfarewell partyに参加するために一週間早く首都にあがってきました。(とはいえまた3日には任地に戻る強行スケジュールですが…。)
企画でサッカーがあるので、今年の蹴り初めは1月2日!
今年はいい年になりそうです。

日本の知り合いのみなさん、世界各国に散らばった協力隊のみなさん、今年もよろしくお願いします。

一年中アフリカで過ごす年はこれが一生で最後かもしれません。
後悔のないように一日一日大事に過ごせたらと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。